放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービスについて

放課後等デイサービスとは、障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんのための福祉サービスです。6歳から18歳までの就学年齢のお子さんが通うことができます。児童発達支援管理責任者が作成する個別支援計画に基づいて、自立支援と日常生活の充実のための活動などを行います。

当社放課後等デイサービス施設について

厚生労働省「放課後等デイサービスガイドライン」によって、ひとりひとりの個別支援計画に基づき、以下の活動を組み合わせて支援を行うことが求められている。
①自立支援と日常生活の充実のための活動
②創作活動
③地域交流の機会の提供
④余暇の提供

仕事をお探しの方は、当社に勤務いただければ育児と仕事を楽しく両立できる理想の環境を作り出します。

制度のポイント

「小1の壁」に対応するために民間学童と放課後等デイサービスが増えています。
学童と放課後等デイサービスの特徴を比べたところ、放課後等デイサービスは障害のあるお子さんのための3つの特徴があります。

①ひとりひとりに合わせた療育をうけられること
②小集団の中で社会性を身につける場所であること
③家族のサポーターとしての役割を担っていること

放課後等デイサービス ロップの特徴

①学習する力をつける

学校の宿題はもちろんのこと、発達に偏りや遅れのあるお子さんに必要なトレーニングを行ったり、姿勢を整え、集中・学習する習慣を身につけます。さらには体力づくりに取り組み、自立した生活を過ごせるようにサポートいたします。

②コミュニケーション能力をつける

遊びの中にもルールや約束・きまりがあることを示し、さまざまな活動や指導員とのやり取りを通して、コミュニケーション能力を育みます。

③社会性を身につける

同世代(同級生、上級生、下級生)のお子さんとの関わり、行事ごとの準備、地域とのふれあいを通じて、社会性のスキル向上に取り組みます。

一緒に働きませんか?トリオキャリアの採用情報

「働きたいけど働けない」を改善!
「育児と労働の両立」、家庭を守るために必要な環境を整えるための手段が取れない!それが今の日本です。
お母さん達の本音を受け止め、明るい未来に向けて挑戦できるよう背中を押してあげたい、そんな想いが我々の原動力です。